【2021】楽天モバイルエリアなのにパートナー回線になる?検証&対策を解説!

楽天モバイルアンリミットを契約して2ヶ月くらい経過して、今も使い倒しているんですが、SNSなどを見ると、「楽天モバイルエリアなのに電波のつかみが悪い」「パートナー回線になってしまう!」

っと言った口コミを見受けられるんですよね。

なので、今回は楽天モバイルエリアの電波は本当に掴みが悪いのか?!を検証してきましたので、シェアしていきたいと思います!

楽天モバイルエリアでもパートナー回線になる?

【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

福岡の博多周辺は楽天モバイルエリアに対応しはじめたので、この辺りで検証。公式の楽天モバイルエリアマップを見ると、ガッツリ楽天モバイルエリアに入ってます↓

パートナー回線から楽天モバイルエリアに入って、ちゃんと楽天回線になっているのか?!楽天のアプリでチェックしてみると・・・

ファッ?!こんなド真ん中なのに、パートナー回線エリアになってるっ!

一応、この状態でも速度的には問題ないですが、パートナーエリアだと月に5GBまでの制限があるので、いつの間にか通信制限がかかってしまう可能性があります。
速度は遅い?私がRakuten UN-LIMITのパートナーエリアで実測した3つの結果を公表します!

1ヶ月くらいは使い続けているんですが、今までは楽天モバイルエリアに入ったら、ちゃんと切り替わっていたのに・・・

ちゃんと検証しようと思っている時に限ってちゃんと繋がらないなんて(´;ω;`)

くぅぅ!こんなはずでは!っと思ってなんどもリロードしたんですが、やっぱりパートナー回線にしか繋がりません(汗)

「もう、これで楽天モバイルエリアに繋がらないなら解約してやるぅ!」っと思って最後にダメ元でスマホを再起動してみると・・・

おおおお!楽天回線エリアに繋がったァ!(エリア内なので当然ですが)

速度を測ってみても20Mbps前後とかなり速めな速度。

こんだけ速度が出ていればYou TubeなんかでフルHDの動画も余裕で見れるし、何も不便無しっ!

ちなみにその後、飛行機モードON⇛OFFで試してみたんですが、これでも楽天モバイルエリアになりました

もし、あなたが「楽天モバイルエリアなのに、パートナー回線になってしまう」

っという場合は一度、楽天モバイルで接続しているスマホを再起動or飛行機モード⇛OFFにしたら、接続できる可能性があるのでぜひぜひ試してみてくだせぇ。

ちなみに楽天モバイルエリア接続時に、某人気カフェK店で愛用のPCをテザリング運用してみたところ・・・

テザリング繋いでもスマホ側はちゃんと16Mbps出ているっ!

※ちなみにテザリングに使用しているスマホは楽天モバイルでタダ同然で購入した、GalaxyA7です↓
どんな人向き?Galaxy A7を自腹レビュー!6つの特長&短所を正直に書きます。

PC側の速度はどうなのか?!見てみると・・・

15Mbps!こんだけ速度が出ていれば何も文句無しです。

何十GBもあるようなデータをやり取りするような人だと、ちょっとデータ送信に時間はかかるかもですが、こんだけ速度が出ていて”使い放題”ですからね?!

この速度で使い放題は破壊力が高すぎぃ!

ちなみに2時間くらいカフェでポチポチ作業しているんですが、一度も楽天モバイルエリア外になりませんでした。

恐らく、一度楽天の回線を掴むと切断されることはあんまり無いのかと思われます。

また、この時は楽天モバイルエリア内でも自動で楽天回線にならなかったんですが、基本的には楽天モバイルエリアに入ったら自動で切り替わります。(自動切り替え対応端末なら)

ぶっちゃけ、楽天モバイルは1年無料期間だけ使って、解約しようかなぁ?っと思ってたんですが、継続するのもアリ!だと思えてきました。

今使っているメインのスマホ回線がニフモなんですが、特に料金が安いわけでもないし、月に3GBプランなのでさすがにちょっと少なすぎるんですよねぇ・・・
4年使用レビュー!NifMo(ニフモ)の長所&致命的なデメリットとは?

うーん、、、どうしよう?(汗)

【結論】楽天モバイルエリアでもパートナー回線の場合、一度飛行機モードにしてみるべし!

もし、あなたが楽天アンリミットを使っていて「楽天モバイルエリアなのに、パートナー回線になってまう!」のであれば、一度飛行機モードにしてまた飛行機モードをOFFにしてみてください。

必ず、絶対、100%繋がる!とは言い切れませんが、私の環境ではこれで楽天モバイル回線に繋がったので、試して見る価値はあるはずっ!

そして!楽天モバイルエリアがそもそも少ないというデメリットがあるんですが、これも早期に解決されそうです。

っというのも、当初は2026年3月末頃の予定だった「人口カバー率96%(2万7397局)」という目標を「21年の夏ごろ」には達成できる見込みみたいなんですよね。

これが本当に実現したら、楽天モバイル無双時代に突入するかもしれません。笑

ちょうど今限定300万名で1年無料&解約金不要キャンペーンも実施しているので、もしあなたが楽天モバイル検討しているなら、早めに契約しておいた方が良いかも↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

この発表で一気に加入者が増える可能性もあるので、キャンペーンが早期に終了する可能性もありえます。

あんまり煽るのは好きじゃないんですが、どうせ無料なのでこれは無条件で入っても良いかなぁと思いますよ!

楽天モバイルの致命的な6つのデメリット&メリットを正直に解説します

格安SIMの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた
どっちがお得?UQ モバイルと楽天アンリミットの7つの特徴&短所を比較してみた!
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事