コスパ良いのはどっち?楽天モバイルとニフモの5つの特徴を契約して比較!

今回は4年間NifMoを使い続けてきた私がRakutenモバイルを契約してみたのでガチ比較!

どっちがオススメなのか?!今から入るべきSIM業者どっちなのか?5つの項目に分けて解説してきます!

結論から言っちゃうと、今から加入ならRakutenモバイル一択。これは間違いなし。

では一体なにが違ってあなたにオススメなのはどちらなのか?!見ていきましょう!

【結論】あなたに向いているのはどっち?

楽天アンリミットを選ぶべき人
・楽天モバイルエリア内で通信することが多い
・10分以上の電話をよくかける人
・スマホの主な用途はLINEやSNS、ネットブラウジング、動画視聴
・新しくスマホを買い替えたい
NifMoを選ぶべき人
・とにかく安い料金が良い
・通信量を使う月、使わない月の差がある
・今使っているスマホで使いたい

1,通信プランを比較

Rakutenアンリミットの通信プラン

まずはRakutenモバイルのプラン。Rakutenモバイルは新しくアンリミットプランが発表され、たった1つのプランしか無いです↓

楽天モバイル 音声通話プランのみ
料金 2,980円
データ量 楽天エリアは無制限に高速通信

パートナーエリア5GBまで高速通信

・5GB以降は最大1Mbpsで無制限の通信可能

通話 国内電話かけ放題(Rakuten Linkアプリ使用時)

他のSIM業者がメチャ複雑なプランを展開しているのに対して、Rakutenモバイルは料金は2980円とちょい高めなんですが、3つのメリットが最強です。笑

Rakutenモバイル3つの主なメリット
・自社回線なら使い放題
・自社回線以外でも通信制限時でも1Mbpsの高速通信が可能
・通話が無料

Rakutenの自社回線なら高速通信が無制限にできるっ!

ってのが、電話業界の常識を破壊するほどメリットです。なんていったって無限に高速通信できちゃうので。笑

しかし!そう全てうまい話があるわけでもなく、Rakutenの自社回線エリアは現時点だと、限られた都市部のみなんです(汗)

ちなみに私が住んでいる地域はほぼ壊滅状態・・・

【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

自社回線エリア以外は『パートナーエリア』になり、月に5GBまで高速通信が可能。

「えっ?!たった5GBしか使えないなら、高すぎジャンっ!」っと思うかもしれません。

が!1つのメリットがあって、通信制限後を過ぎても1Mbpsの高速通信で使い続けることができる!っという点です。

他のSIM業者だと、月々の通信制限を超えたら200Kbpsくらいの超激遅回線になって、普通のネットすらイライラするほど遅くなります(涙)

しかし!Rakutenモバイルは一般的なSIM業者の5倍くらい高速で、通信しつづけることができるので、例え通信制限を超えてもそこそこ普通に使えちゃうんですよ。

私も実際にRakutenモバイルを契約して検証してみたんですが、You Tube動画を”中程度の画質”くらいなら、問題なく普通に視聴できるんですよね↓

速度は遅い?私がRakuten UN-LIMITのパートナーエリアで実測した3つの結果を公表します!

ネットサーフィンやSNSの場合、やや画像の表示がモッサリすることもあるんですが、結構普通に使えちゃってビビりました。笑

高速通信時よりはさすがに快適性は劣るんですが、これで通信し放題ならアリじゃない?ってのが本音。

また、Rakutenモバイル専用の無料アプリRakuten linkから電話をかけることで、無料で電話し放題ってのもメリット。

NifMoモバイルの通信プラン

NifMoに関しても、一般的なSIM業者よりは結構シンプル。3つのプランしかないです。

月間データ容量 音声通話プラン SMS付きプラン データ通信プラン
3GB 1,600円 1,050円 900円
7GB 2,300円 1,750円 1,600円
13GB 3,500円 2,950円 2,800円
通話料 30秒につき20円(税抜)

NifMo半額ダイヤル 30秒につき10円(税抜)

10分かけ放題:月額830円

全体的にRakutenモバイルよりも料金的には安め。

Rakutenモバイルのパートナーエリア5GBよりも多い、7GBプランでも2,300円なんで、Rakutenモバイルよりも700円以上安いですね。

また、もしあなたが月々に使うスマホのデータ量が3GB以下!っというなら、明らかにコチラの方が安いです。

更にNifMo専用の電話アプリを使うことで、通話料金が半額になるメリットもアリ。

さすがにRakutenモバイルのように完全無料とまでは行かないんですが、そこそこ電話も掛けるっという人にはメリットか。

結局どっちが安いの?

結局どっちが安いのか?料金を比較するとこのような感じ↓

月間データ容量 Rakutenモバイル NifMo
(音声SIM)
Rakutenモバイルとの差額
3GB 1,600円 1,380円
5GB(パートナーエリア) 2,980円
7GB 2,300円 680円
13GB 3,500円 -520円

※割引価格などを考慮しないで計算

月々の通信使用量が3GB以下であるなら、間違いなくNifMo一択!1400円くらい安いので、これはかなりデカイ。

また、7GBプランであっても680円ほどNifMoの方が安いです。

Rakutenモバイルはパートナーエリアの場合月々5GBまでしか使えないので、月々の仕様量が絶対に7GBを超えない!ってなら、やはりNifMoの7GBプランがお得。

ただし!あなたが7GB~使う事が多いというなら話は別。

Rakutenモバイルは通信制限後も1Mbpsの高速通信で使い放題なので、SNSやネットブラウジングくらいなら実質無限に使えます。笑

そして、通話料が無料なのもメリット。つまり、あなたが月々の通信量が絶対に7GB以下ならNifMo。

7GB以上通信することもあり、通話回数も多めならRakutenモバイルを選ぶべき!ってのがどちらも使った私の結論です。

ここまでのまとめ
・毎月7GB以下なら料金が安いのはNifMo
・7GBを超える事があり、主な使用用途はネット、SNS、中画質の動画視聴ならRakutenモバイルがお得
・通話回数が多いならRakutenモバイルがお得

2,通信速度

どちらも契約して使い続けているんですが、正直どっちも必要十分な速度ってのが本音ですね。

ただ、比較するとDOCOMO回線を使っているNifMoの方がやや速い感じ。

Rakutenモバイルの通信速度

まずはRakutenモバイルの速度からチェック!計測する時間にもよるんですが、だいたい15Mbpsくらいが多いですね↓

特別速い!ってわけでもないんですが、普通にネット閲覧やSNS、You Tube動画を観るくらいなら余裕で使える速度です。

街中でも計ってみたんですが、25Mbps!っとかなり速い速度でした。笑

常にこのくらいの速度が出ていたら4k動画もストリーミングで見れるくらいなんだけどなぁ・・・

また、速度制限超過後の速度もちゃんと1Mbps前後出てくれました。

計測するタイミングによっては500~800Kbpsくらいの時もあるんですが、まあそれでもネットブラウジングやSNSくらいなら、そこそこ普通に見れるのでダメ!って言うほどじゃないかなぁ。

”最大”1Mbpsと言っていても実際には半分くらいの速度しか出ないんでしょ?!っとか思っていたんですが、結構1Mbps前後出ることが多いんですよね。

速度は遅い?私がRakuten UN-LIMITのパートナーエリアで実測した3つの結果を公表します!

NifMoモバイルの通信速度

NifMoはドコモ回線を使っているだけあって、回線はそこそこ早め。

同じ時間、同じ場所でRakutenモバイルと比較してみたんですが、NifMoの方が速かったです。

こちらはRakutenモバイルで速度を検証した画像↓

12,15Mbpsとまあまあな速度は出ていますね。

こんだけ出ていれば、普通にWEB閲覧やYou Tube動画を視聴するくらいであれば、なにも問題なくつかえます。

一方、NifMoも同時に計測してみると・・・

おおお!速いッ!あくまでも今私が計測した環境で。ではあるものの、速度的にはNifMoの方が若干速かったです。

と言っても、10Mbps超えてれば普通にネットを使うくらいの用途であれば、ほぼ体感差は無いんですけどね(汗)

4,違約金を比較

大手キャリアにある2年縛り的なものは、両方ともなし。

楽天アンリミット NifMo
最低利用期間 なし なし
違約金 なし なし

以前まではNifMoには半年以内に解約すると、8000円の解約料がかかっていたんですが、それも今はなくなりました。

ただ、最初の月に契約⇛解約をするとその月の分の使用量は料金がかかるので注意。

Rakuten UN-LIMITの現在の解約金はコチラ!

NifMoの現在の料金や解約金はコチラ!

4,それぞれのメリットを比較

Rakutenモバイルの4つのメリットとは?

一方、Rakutenモバイルはこんな感じ↓

楽天モバイルの機能
・Rakuten linkを使えば国内通話が無料
・発信、受信側どちらもRakuten link使用時は、国外通話も無料に
・Rakutenポイントが+1倍
・スマホ端末が安く買える!

やはり楽天モバイルで最もメリットとも言えるのが、専用の無料アプ

1,Rakutenモバイルエリアなら無制限に高速通信可能。

やはりRakutenモバイル最強のメリットとも言えるのがコレでしょう。
Rakutenモバイルの自社回線であれば、無制限に高速通信が出来るっ!って点です。
今までのSIMは毎月○GBまで!っという制限があるのが常識だったんですが、Rakutenがこの常識うをぶっ壊してくれました。笑
自社回線エリアの回線をつかめば、通信消費量が大きいノートPCでもガンガンテザリングで通信することも出来ちゃいます↓
試しに某カフェでノートPCをテザリング接続してみたんですが、本当に無制限に高速通信できたので何故かちょっと感動。
あぁ全ての通信業者が無制限に使えるようになったら、日本のGDPは更に3%くらいは上がりそうな気がするんだけどなぁ・・・

2,通信制限後も1Mbpsの高速で通信できる

これもかなり大きなメリット。

他のSIM業者よりも5倍くらい高速で通信できるので、画質さえ求めなければYou Tube動画も観るくらいに高速。

SNSとか音楽配信アプリは余裕で使い続けられました。


Rakuten UN-LIMITの低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。

3,通話料が無料

私はあまり通話回数が多くないのでそれほどメリットにも感じないんですが、通話回数が多い人にはメリット。

無料アプリであるRakuten linkを使う事で、相手がRakutenモバイルじゃなくても、無料で通話し放題なんです。

Rakuten Linkの使い方を解説!1ヶ月使って分かった4つのメリットとは?

試しに何度も使ってますが、音声的にも普通の電話とあんまり変わらないような・・・

仕事で使うには物足りない?人もいるかもですが、プライベートで使う分にはなにも問題なく通話できる感じ。

4,楽天ポイント料率アップ

そしてRakutenお得意のポイント倍率アップ。

あんまり楽天で買い物しないんですが、楽天派の人は嬉しいのかも。

5,楽天ポイント2万円~還元される事がある!

最後の最強のメリットとも言えるのがコレ!楽天ポイントの還元率がヤバいほど高いです。

もちろん、キャンペーンの時期などにもよりますが、”楽天モバイルでスマホを同時に購入すると、2万ポイント貰える”

っと言った鬼のようにお得なキャンペーンが実施されていることも多々あるんですよね。

楽天モバイルでは安い端末だと2万以下で買えるものもあるので、”Rakutenモバイルを契約したらスマホ端末を貰ってポイントまで貰えちゃった”状態です↓

もし、あなたがスマホ端末を新しく購入検討しているなら、Rakutenモバイルは絶対に検討するべき!なのは間違いないです。

NifMoモバイル4つのメリットとは?

続いてその他の機能やサービス的な違いを比較。

NifMoモバイルのメリット
・Rakutenモバイルよりも安い
・半額で通話できる
・使わなかったGBを持ち越しできる

1,Rakutenモバイルよりも安め

Rakutenモバイルよりも価格は安め。特に「あまりデータを消費しない」っという人なら3GBでも十分なので、この場合かなり安く済ますことができます。

2,通話が半額で出来る

Rakutenモバイルほどのインパクトは無いですが、専用の半額通話アプリから電話すれば、通話料が半額で使えるのはメリットかなぁ。

3,余ったデータ量は繰り越しできる!

NifMoの最強のメリットがコレですね。

使っていない分のGBは次の月に繰り越す事ができるので、旅行前など通信量を節約しておいて、旅行の時にたくさん通信する!とかもできちゃいます。

私は家族でNifMo使っているんですが、いつの間にか13GBも溜まっていました。笑

ただし!これには1つデメリットがあるので、一概にメリット!とも言えないんですよね(理由は後述)

5,デメリットを比較!

Rakutenモバイルのデメリットとは?

楽天アンリミットって実は対応しているスマホがかなり少ないんですよね汗)

Rakutenモバイル対応機種一覧
・Google Pixel 4
・Google Pixel 4 XL
・Galaxy S10
・Galaxy A7
・Xperia Ace
・Galaxy Note 10+
・AQUOS R5G
・AQUOS sense3 plus
・AQUOS sense3 lite
・arrows RX
・Rakuten Mini(楽天ミニ)
・HUAWEI nova 5T
・OPPO RenoA 3
・OPPO A5 2020
・OPPO Reno A
・AQUOS zero SH-M10
・AQUOS R2 compact
・SH-M09 AQUOS sense2
・SH-M08 AQUOS sense plus
・SH-M07 AQUOS R compact
・SH-M06 AQUOS sense lite
・SH-M05 Reno 10x Zoom
・AX7 R17 Pro Find X
・HUAWEI P30 lite
・HUAWEI nova lite 3
・Ayerm MP02LN(モバイルルーター)
・Aterm MR05LN RW(モバイルルーター)
・Aterm MR05LN(モバイルルーター)

あくまでも執筆時点ではあるものの、これ以外のスマホは動作保証してません・・・

SNSなんかを見ると「対応していない機種でも使えた!」っという口コミなどもあるんですが、一応自己責任になります。

みんな大好きiPhoneも公式サイトで動作確認されているのは以下の機種のみ

Rakuten 対応iPhone一覧
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR

更に言うと動作確認はされているんですが、”動作は保証外”なんです。

「一応動くっぽいけど、万が一動かなくても文句言わないでね?」っ的な感じですね。

とはいえ私が持っているiPhoneXRでは問題なく使えましたので、そんなに心配しなくても良いかも。
RakutenアンリミットをiPhoneXRで使う方法を解説!3つの注意点とは?

NifMoモバイルのデメリットとは?

GBが繰り越せるのは最高!なんですが、実は3GBプランの場合1日の通信量にも制限があるんですよね(汗)

NifMoの1日あたりの通信量上限
3GBプラン 650MB/1日
7GBプラン 無制限
13GBプラン 無制限
いくら月に使えるGBが10GBあろうが、1日の制限量に達したら低速になるので、なんも意味ありません・・・
ちなみにYou Tubeの動画(720p)5分視聴すると、90MBくらいデータ量を消費すると言われてます。
単純に計算すると、35分くらいYou Tubeを視聴するだけで上限まで届いちゃう計算ですね。
3GBが安いのはかなり魅力的なんですが、「本当に外で通信することはあまり無い!」って人向き。
また、Rakutenモバイルのように新規契約時にスマホがメチャ安く買えるような、キャンペーンもあんまり無いです。
正直、今から新規契約するのはビミョーです(汗)

楽天モバイルを選ぶべき人とは?

楽天アンリミットを選ぶべき人
・楽天モバイルエリア内で通信することが多い
・10分以上の電話をよくかける人
・スマホの主な用途はLINEやSNS、ネットブラウジング、動画視聴
・新しくスマホを買い替えたい
一番はRakutenモバイルエリアで通信することが多い!って人ですね。
無制限に高速通信ができる!ってのが強烈なメリット過ぎ!
また、Rakutenモバイルエリア外の人でも、1Mbpsで高速通信し続ける事は可能なので、スマホの主な用途がLINEやSNS、ネットブラウジング、動画視聴(中程度の画質)
くらいであれば、これもRakutenモバイルを選ぶのはアリ。

ニフモを選ぶべき人とは?

NifMoを選ぶべき人
・とにかく安い料金が良い
・通信量を使う月、使わない月の差がある
・今使っているスマホで使いたい
「毎月の通信量が少ないからとにかく安価に使いたい!」って人は間違いなくNifMo
ただ、最近はOCNでモバイルとかの方が安価だったりするので、正直新規契約するメリットはそこまで無いような気が(汗)
コスパ最強はどっち?OCN モバイルと楽天アンリミットの5つ特徴を比較!
ちなみに私は4年間NifMo使い続けましたが、別の業者に切り替える予定。

【結論】私が1つ選ぶなら・・・

この2つのSIMでどっちを選ぶのか?!ですが私ならRakutenモバイルを選びます。

っというのも、今であればNifMoを選ぶくらいならOCNモバイルの方が断然お得なんですよね。笑

OCNモバイルもDOCOMO回線だし、料金はコチラの方が安いしGBの繰越もある。

っと考えたらNifMoに入るならOCNモバイル。

OCNモバイルの容量じゃ足りない!っというのであればRakutenモバイルを選ぶのが正解!だと思います
コスパ最強はどっち?OCN モバイルと楽天アンリミットの5つ特徴を比較!

っというわけで、この2つで迷っている人はぜひぜひ参考にしていただけば幸いですm(_ _)m

NifMoの現在の料金&詳細はコチラ!

格安SIMの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた
どっちがお得?UQ モバイルと楽天アンリミットの7つの特徴&短所を比較してみた!
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事