楽天モバイルのテザリングでSwitchは快適に遊べる?3つの注意点とは?

今回は通信し放題の楽天モバイルテザリング機能でSwitchのオンラインゲームは快適に遊べるのか?!

楽天モバイルを契約している私が検証してみました。

楽天モバイルは通信し放題なので、Switchで快適に遊べるのであれば、旅行先や帰省した際でも通信量を気にすること無く遊びまくれるっ!ってわけですね。

で、結論を言ってしまうと、ゲームプレイ自体はなに問題なく、普通に快適にプレイできちゃいました。笑

ただ、これをメイン回線で使うのはちょっと厳しいというのも本音。

楽天モバイルテザリングをSwitchで繋ぐ方法を解説!

【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

まずは楽天モバイルのテザリング機能でSwitchと繋ぐ方法を解説。

楽天モバイル側のスマホをWi-Fiテザリング機能をONにします。

Androidのバージョンによって、表記が違うんですが、『Wi-Fiテザリング』とか『アクセスポイント』と書いてあることが多いですね。

次にWi-Fiテザリング名とパスワードを確認しておきます。

ちなみにアクセスポイント名とパスワードはタップすれば、自分の好きなものに変更できるので覚えやすくて、他人が予測できないものにするのが良いかも。

次にSwitchの設定⇛インターネット設定から、先程のアクセスポイント名のネットワークを見つけてこれをタップ。

タップするとパスワード入力画面が出てくるので入力。

パスワードが間違っていなければ、このように接続しました。っと表記されます。

ちなみに速度を計測してみると0,9Mbps。

楽天モバイルって自社回線だと高速通信が使い放題なんですが、自社回線エリア以外は『パートナーエリア』になります。

で、このパートナーエリアだと高速通信(約10Mbps~)は月に5GBまで。低速通信(1Mbps)は使い放題なんですよね。

速度は遅い?私がRakuten UN-LIMITのパートナーエリアで実測した3つの結果を公表します!

楽天モバイル専用もアプリから、高速通信と低速通信を切り替える事ができるので、データを節約したい!っという時は手動で高速モードをOFFにすることも可能。

今回は使い放題低速通信モードでテストしていきます!

※ちなみにゲーム以外の検証結果はコチラ↓
【2020】Rakuten miniのテザリングは遅い?接続方法と速度を検証!

楽天モバイルテザリングでSwitchは快適に遊べる?検証してみた結果・・・

冒頭でも言ったように結論を言ってしまうと、オンラインゲームも特にラグとかも無く快適に遊べちゃいました。笑

最近流行りの35人で対戦する、スーパーマリオ35をやってみたんですが、一瞬でマッチング。

「さすがにマッチングとかは遅くなるのでは?!」っと予想してたんですが、家の光回線で接続したときとなんら変わり有りませんでした。

まぁ、、、ラグ以前にマリオの腕前に問題がありますが・・・

ただ、マリオは通信量がかなり少ない気がするので、Fortniteという対戦オンラインゲームもプレイ。

さすがにこれは厳しいか・・・っと予想したんですが、マッチングもふっっつーに通過。

家の光回線よりはやや遅いような気はしますが、5分も10分も待たされることは無し。

プレイ中も特にラグは感じませんでした。ぜったい敵がワープしたりするだろ!っと思ったんですが、意外にも普通にプレイできちゃうんですよねぇ。

ぜっっったいに負けたくない!っというガチな人は満足出来ない可能性もあるけど、カジュアルに楽しむくらいなら何も問題は無くプレイできちゃいました。

携帯ゲームと楽天モバイルの組み合わせは最強かもしれないです。笑

ネット上の嘘に注意!ネット対戦で重要なのはPingです。

ネットの検索を見るとオンラインゲームの通信速度は30Mbpsないと無理!っとか書かれている事もあります。

が!ネット対戦ゲームって実はそんなにデータ通信の容量は多く無いので、速度(Mbps)よりも安定性(Ping)の方が数十倍重要なんですよね。

オンラインゲーム歴17年の私がいうのだから間違いなし。

いくら通信速度が100Mbps超えであっても、安定性(Ping)の数値が悪いとラグりまくります(汗)

数値が低いほど安定性が高く、100ms以下くらいの数値であればそこまでラグを感じずプレイできます。できたら50ms以下だと尚良し!

ちなみに楽天モバイルの低速モードは応答速度は結構、優秀だったりします。(もちろん、時間や地域にもよりますが)

ここまでのまとめ
・ネット対戦ゲームで重要なのは速度よりも安定性(Ping)
・いくら速度が100Mbpsなど高速でもPing数値が高いとラグリまくる
・最低でも100msできれば50ms以下が望ましい
・ネット上では100Mbpsあると最強!など書かれているが嘘。ただ、光回線に申し込ませて広告費をもらいたいだけ。
ネット対戦自体は問題なくプレイできるとお伝えしてきました。

ただし!いくら対戦が快適にできると言っても、これをメイン回線にするのは間違いなくオススメできません(汗)

楽天モバイルの低速モードでSwitchを遊ぶ際の3つの注意点とは?

1,ゲームのダウンロードやアップデートは厳しい

オンラインゲームって結構頻繁にゲームのアップデートが行われるんですよね。

で、アップデートしないとオンラインに繋げないこともあります。

しかし!楽天モバイルの1Mbps速度だと、ゲームのアップデートはかなり厳しいです(汗)

マリオ35のゲームをダウンロードしてみたんですが、ゲームデータ400MBとかなり少ないにも関わらずダンロード時間は1時間超え。

まぁ1時間くらいなら放置しておけば、我慢できなくも無い時間ではあります。

と言ってもたった400MBで1時間もかかるので、単純計算ですがFortnite(11GB)をダウンロードしようとしたら、28時間以上かかる計算になります(汗)

これはちょっと厳しいですね。

SwitchはPS4に比べると、ゲームのデータ量がかなり少ないのですが、それでもメインで使うのはきつい!ってのが本音。

PS4なんかはゲームのデータ容量40GBとかザラにあります。笑
楽天モバイルのテザリングでPS4は快適に遊べる?3つの注意点とは?

2,Switchストアの表示は遅い

Switchのストアなんかは画像が多めなので、表示されるまでちょっと時間がかかります。

ただ、SwitchストアってPSストアよりかはサクサク動くのでそこまでストレスではないかも。

3,プレイする時間帯や環境も影響する

4G回線をWi-Fi接続しているので家の固定回線よりも、時間帯や環境によって通信環境が大きく変わるのもデメリット。

例えば、家の通信環境が悪かったら低速モードの最高速度である1Mbpsにまったく届かない可能性もあるし、お昼時など回線が混雑している時は遅くなったりすることもありえます。

ネット対戦でいきなりラグくなったりすると、かなりストレス溜まるので、安定性重視なら固定の光回線&Wi-Fiは必須ですね~。

【結論】思ったよりも快適!ただ、メインで使うのは厳しいか。

Switchをテザリングで繋いで遊んでみた感想としては、「意外にも快適に遊べる」っというというのが本音。

PS4&楽天モバイルテザリングで遊んだ時も、ゲーム自体は同じように快適に遊べたんです。

が、ゲームのダウンロード時間があまりにも長すぎて、99時間超えとかありましたからね。笑

それに比べると、Switchのゲームは容量が少なめなので、容量が軽いゲームならアップデートが頻繁にあっても結構普通に遊べちゃうかと思います。

ただ、ゲームによっては数十GBのゲームとかもあるし、基本的には家のWi-Fiでプレイする。

出先でもプレイしたい場合は、楽天モバイルのテザリングで遊ぶ。っという感じがベストかと思いますよ。

ちなみに、楽天モバイルは1年間無料&解約料無料という、10年に1度レベルにお得なキャンペーンも実施中。
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

万が一、使ってみて「なんかイマイチだなぁ・・・」っと思ったら、解約もできるので、無料の間に試してみるべきかなと。

私はこの無料キャンペーンに釣られて、家族分と合わせて2回線契約しちゃいました。笑

っというわけで、もしあなたが楽天モバイルテザリングでゲームをプレイしようか?検討しているなら参考に!

楽天モバイルの致命的な6つのデメリット&メリットを正直に解説します!

楽天モバイルのテザリングでPS4は快適に遊べる?3つの注意点とは?

格安SIMの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた
どっちがお得?UQ モバイルと楽天アンリミットの7つの特徴&短所を比較してみた!
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事