どっちが得?UQモバイルとYモバイルの6つの特徴&短所を徹底比較!

UQをモバイルとYモバイルはどっちに入るべきなのか?!今回は格安SIMの中でもトップクラスの業者2つを全力比較!

結論から言うと私の独断と偏見まみれですが、UQモバイルの方が圧倒的にオススメ。

っと言っても人によってはYモバイルの方がお得!って人もいますので、格安SIMにおいて重要な6つの点を比較し、あなたにあった格安SIMを一緒に見つけていきましょう!

【結論】UQモバイル vs Y!(ワイ)モバイル

まずは結論からザックリ言ってしまうとこのような感じ↓

UQ mobileを選ぶべき人
・安く使いたい
・月の通信量が絶対に10GB前後使う
・家族でUQモバイルを使いたい
・通話はそれほど多く無い
Yモバイルを選ぶべき人
・高速通信量が月に10GB~くらいは必要な人
・通話は多いが1回の通話時間は10分以内が多い
・家族で乗り換えたい
・スマホ端末を一緒に購入したい
両方の業者ともかなり似ている性質なので、かなり迷いまくりますが、基本的にはワイモバイルの方が料金的には高めな設定になっています。
ただ、その代わりワイモバイルは「通話開始10分は通話料が無料」っという短時間の通話が多い人向きのオプションが無料で付いているんですよね。
とはいえハッキリ言ってしまうとこの2つのSIMだったらUQモバイルがぜっったいにオススメです。
ではこの2つのSIMの何が違うのか?なぜUQがオススメなのか?解説してきます。

1,通信容量&料金を比較

UQモバイルの通信プラン

まずは通信プランを比較。UQモバイルは超シンプルにS、Rプランのみしか用意されてません。

毎月3GBしか高速通信が使えないSプランと、毎月10GB高速通信が使えるRプランですね。

UQモバイル スマホプランS スマホプランR
料金
(音声対応SIM)
1,980円 2,980円
データ量 高速通信月3GB
通信制限時0.3Mbps
高速通信月10GB
通信制限時1Mbps
通話 通常:30秒20円

10分かけ放題:月額700円

月60分間無料通話:月額500円

かけ放題24時間:月額1700円

かけ放題24時間 シニア割(60歳以上):6か月は無料。7か月目以降は月額700円

家族割 2回線目以降は500円引き

特にRプランは10GB使い切っても、1Mbps(他のSIMの5倍くらい高速)で通信し続けるのが最高のメリット。

1Mbpsの速度があれば、WEBサイトの閲覧や音楽ストリーミングも普通に聞けるし、You Tube動画も中画質なら再生できちゃいます。
低速(1Mbps)はどこまで使える?5つのテストした本音を書きます。

さすがにデータ容量内の高速通信に比べると、モッサリ感はあるんですが、これで使い放題ならアリでしょ!

通話が多い人向きに後からオプションでかけ放題プランを追加することも可能です。

ワイモバイルの通信プラン

一方、YモバイルはS,M、Rプランの3つがあり、UQより選択の幅が広くなっているのが特徴。

Yモバイルプラン 料金
(音声対応SIM)
通信制限時の速度
月3GB/S 2,680円 128kbps
月10GB/M 3,680円 1Mbps
月14GB/R 4,680円 1Mbps
通話 10分かけ放題 (1回の通話10分以内)

10 分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)

Mプラン以上ではUQと同じく1Mbpsで通信することが出来るのは一緒なんですが、高速通信が14GBまで増えているRプランがあるんですよね。

なので、もしあなたが「毎月10GBじゃ絶対に足らないけど、14GBは絶対に超えない!」ッと言うならRプランを選択するのもアリ。

あとは冒頭でも言ったように、通話開始時10分の通話料が無料です。

結局どっちが安いの?

結局どっちが安いのか?料金を比較するとこのような感じ↓

月間データ容量 UQモバイル Yモバイル UQモバイルとの差額 通信制限時の速度
3GB 1,980円 2,680円 -300円 UQ
0.3MbpsYモバイル
0.12Mbps
10GB 2,980円 3,680円 +700円 1Mbps
14GB 4,680円 +1,700円
※10GBと比較
1Mbps

※割引価格などを考慮しないで計算

一番迷う人が多いであろう、10GBを比較するとUQモバイルの方が700円も安いです。

もはやこの時点でYモバイルを選択する意味ってほぼ無いです(汗)

YモバイルはUQよりも多い14GBが選べます。

ただ、正直14GBってかなり中途半端なので、これを選ぶくらいならOCNモバイルの20GBプランとか選んじゃった方が良いような気がする(汗)

OCNモバイル
コース名
通話対応SIMカード SMS対応SIM データ通信のみ
20GB/月コース 4,400  3,920円 3,800円

話がややこしくなるので、OCNモバイルの話についてはここでは割愛しますが、ワイモバイル14GBを検討しているなら、OCN20GBプランの方が良いです。
あなた向きはどっち?UQモバイルとOCNモバイルの6つの特徴&短所を比較してみた!

3GBプランを比較してみると、UQモバイルの方は通信量超過後も、300kbpsで通信できるのに対してワイモバイルのSプランはたったの128Kbpsしか出ません(汗)

300KbpsでもWEBを閲覧するのでさえ、ストレス溜まるレベルなのに128Kbpsとかありえません。笑

もうスマホが文鎮化するのは必須なので、3GBを選択するのであれ間違いなくUQモバイルでしょう。

全体的にYモバイルの方が高額なんですが、その分Yモバイルは通話開始10分は無料になっているのがメリットですね。

UQモバイル Yモバイル
通話料 通常:30秒20円

10分かけ放題:月額700円

月60分間無料通話:月額500円

かけ放題24時間:月額1700円

かけ放題24時間 シニア割(60歳以上):6か月は無料。7か月目以降は月額700円

通話開始10分は無料

10 分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)

とはいえ、UQモバイルにも10分かけ放題オプションがプラス700円であるんですよね(汗)
「通話回数が多くなってきた」という場合は後からオプションで追加することも可能。

後から必要に応じてオプションで追加したり、外したり出来る分UQモバイルの方が汎用性が高いのは間違いないです。

っと考えるとどうしても10GB~14GBで使いたい!って人以外は、UQモバイル一択ですね。

【最安1,480円】UQモバイルの現在の料金やキャンペーンはコチラ!

⇛Y!モバイルの現在の料金やプラン詳細はコチラ!

結局お得なのはどっち?
・3GB、10GBはUQモバイルの方が安い
・14GBプランはYモバイルのみ
・Yモバイルは通話開始10分無料が最初から付いている
・ただ、UQモバイルも後から同じ料金でオプション追加可能

2,通信速度

UQモバイルの通信速度

続いて通信速度を比較。UQモバイルはauの子会社が運営しているというのもあって、回線速度は格安SIM界最速とも言われています。笑

Twitterなんかを見ても「UQモバイル遅い!」って悪い評判ってあんまりみないんですよね。

 

もちろん地域や時間帯にもよるんですが、”UQモバイルは速い”っというのは定説になっているような感じ。

Yモバイルの通信速度

一方、ワイモバイルの速度ですが、こちらはSoftbankの子会社なので速いのか?!っと思いきや口コミを見ると賛否両論っぽいですね(汗)

とはいえこっちもSNSなんかで口コミを見ると、格安SIMにしては速度が速いような口コミは結構多く見かけます↓

正直、Softbank光を契約していて、速度が激遅になることがあるので、Softbank自体があんまり好きじゃないです(汗)

が、格安SIMとしてはそこそこ優秀な速度っと言った感じ。

3,違約金を比較

大手キャリアなんかだと2年以上使わないと解約出来ないとか、違約金が取られると言った意味不明な制度がありますね。

ただ、この2つのSIMサービスはそういった2年縛りや、違約金などは無しっ!

UQモバイル スマホプランS スマホプランR
最低利用期間 なし なし
違約金 なし なし
OCNモバイル 音声対応SIM SMS対応SIM
データ通信専用SIM
最低利用期間 なし なし
違約金 なし なし

これが当たり前だろっ!っとは思いますが、柔軟にSIMサービスが移動しやすくなったのは素直に嬉しいポイント。

ただし!契約してから半年以内に解約したりすると「ブラックリスト」に入れられることもあり、しばらくの間再契約できなくなることもあるみたい(汗)

もしあなたが格安SIMを契約した際は、戻る可能性があるなら半年は使った方が良いと思います。

4,その他の違い

UQモバイルの特徴

UQモバイルは月の容量を使い切れなかった場合、次の月に容量を持ち越せる”繰り越し制度”があるんですよね。

3GBプランでも今月の分1GB余っていた!っという場合、次の月は4GB使えるっという感じ。

なので旅行にいく前の月はGBを節約しておき、データ消費が多いであろう旅行などで余った分のGBと合わせて使うという運用方法も可!

10GBを契約していて5GBしか使ってなかったら次の月は15Gです。これ案外神制度だと思いませんか?笑

ワイモバイルにはこの繰り越し制度が無いのが残念なポイント。

Yモバイルの特徴

一方、ワイモバイルはこんな感じ↓

Yモバイルの機能
・高速通信量は10GB~と多い
・新規割引など併用すれば安い
・1回の通話で10分間は無料

UQモバイルと違って、コレは!っと思えるような特別な機能は特に見受けられませんでした(汗)

何度も説明してるように1回の通話が10分まで無料でできるくらいか・・・

5,デメリットを比較!

UQモバイルのデメリットとは?

ワイモバイルと比較すると正直あんまりデメリットって無いです。笑

なにか1つくらい負けている点は無いのか?!考えに考えてみたんですが、特にデメリットは無し。

しいて言うのであれば、3GB以下しか使わない人であればOCNモバイルとかの方が安く済むことが多いです↓
あなた向きはどっち?UQモバイルとOCNモバイルの6つの特徴&短所を比較してみた!

とはいえこれについてはワイモバイルでも同じことが言えるしなぁ・・・

Yモバイルのデメリットとは?

やはり一番のデメリットはUQモバイルに比べて価格が高い!って点でしょう。

1回の通話で10分以内は無料ですが、UQモバイルなら全く同じ機能がオプションで追加できます。

オプションで追加できる場合なら、使わなくなったらオプションを解約することも出来ます。

が!ワイモバイルは最初から料金の内に入っているので、使用状況に応じて変更するとかも出来ません(汗)

6,あなた向きはどっち?

UQモバイルを選ぶべき人とは?

UQ mobileを選ぶべき人
・月の通信量が絶対に10GB前後使う
・家族でUQモバイルを使いたい
・1Mbpsの速度でもストレスが溜まらない
・通話はそれほど多く無い
改めてUQモバイルを選ぶ人はこんな感じ。
正直言ってしまうとワイモバイルとUQモバイルだったら、圧倒的にUQモバイルの方が良いでしょっ!っと言いたい。大声で言いたい。
料金は安いし、もしあとで通話時間が多いなぁっと判明したらあとからオプションの通話し放題をプラスすれば良い。
そして、業界でも最速レベルの通信速度に、通信制限後も1Mbpsで通信できる・・・
もはや無敵では?!っと言いたくなるくらいUQモバイルは優れてます。笑

Yモバイルを選ぶべき人とは?

Yモバイルを選ぶべき人
・高速通信量が月に10GBくらいは必要な人
・通話は多いが1回の通話時間は10分以内が多い
・家族で乗り換えたい

ワイモバイルも悪くは無いんですが、基本料金がUQモバイルより高い点がなぁ・・・

一応、通話10分以内は無料なので通話が多いという人ならアリか。

また、通信制限後も1Mbpsで通信出来る点はかなりGREAT!なのですが、ちっさくシェアプランは128Kbpsっと書いているのがなんかね(汗)

半年間はワイモバイルの方が安いので、まずはワイモバイルから使ってみるというのはアリかなぁ。

【結論】私が1つ選ぶなら・・・

UQモバイルっっ!

どんだけUQモバイル忖度するねん!っと思われそうなんですが、Yモバイル選ぶ理由が本当に見つからないんですよね。

14GBプランがあるのが唯一のメリットかなぁ・・・

ただ、上の方でも書いたように14GBプラン契約するくらいだったら、OCNの20GBプラン契約しちゃった方が割安だし容量も多いです。

【最安1,180円】OCNモバイルの現在の料金やキャンペーンはコチラ!

あとは、通話10分無料にどれだけ魅力を感じるか?ですかね。これもUQモバイルにはオプションあるのでビミョーすぎます・・・

っというわけでこの2つだったらUQモバイルが激推し!っという結論で当記事を締めくくりたいと思います。

【最安1,480円】UQモバイルの現在の料金やキャンペーンはコチラ!

⇛【最安1480円】Y!モバイルの現在の料金やキャンペーンはコチラ!

格安SIMの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた
どっちがお得?UQ モバイルと楽天アンリミットの7つの特徴&短所を比較してみた!
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事