楽天アンリミットのテザリング速度は遅い?検証した結果と3つの注意点を解説します!

Rakutenアンリミットを使ってお手軽モバイルWi-Fiとして使いたい!

っと思ってRakutenアンリミットを契約したので、どうやってテザリング機能を使うのか?そもそも、Rakutenアンリミットのテザリング機能は使えるレベルなのか?!

Rakutenアンリミットを2回線契約したので、検証&解説していきます!

Rakutenアンリミットテザリングの速度を検証!(5GB制限内)

私が住んでいる地域は5GBまでは高速通信可能で、5GBを超えると1Mbpsまで速度が下がってしまう、パートナーエリア。


【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の回線提供エリアはコチラ!

今の所、Rakutenアンリミットは殆どがパートナーエリアなので、パートナーエリアでテザリング速度がどのくらいなのか?!が極めて重要になります。

テザリングの使い方は特に難しいこともなく、スマホによって多少画面は違うものの、”Wi-Fiテザリング”をタップし

テザリング設定画面に表示されている、Wi-Fiアクセスポイント名とパスワードを表示させておきます。

すると繋ぎたい方の端末のWi-Fi選択画面を見ると、上のアクセスポイント名が表示されるので、これを選択↓

選択するとパスワードの入力が求められるので、表示されているパスワードを入力すればOK!

これだけで、もうテザリングが使えちゃいます。テザリングはもちろん、無料なので簡易的なモバWi-Fiとして使える!ってわけですね。

でRakutenアンリミットのテザリングはどのくらい速度が出るのか?!まずは5GB以内の状態で検証。

まだちゃんと4,6GB残っているので高速通信が出来る状態ですね。

この状態で通信速度を測ってみると、こんな感じ↓

12Mbps!爆速とまではいかないものの、You TubeのフルHD動画は余裕で見れるくらいには快適な速度。

4K動画はさすがに厳しいですが、まあスマホやタブレットで4K動画見ることなんてそんな無いでしょうし、普通にストレス無く使える速度。

試しにYou Tube動画をフルHD、60fpsで再生してみましたが、一度も止まること無く再生できました。当たり前だけど。

これだけ快適に使えちゃうなら、普段は普通にスマホとして使い、PCやタブレットなどをWi-Fi接続したい!っという時にスマホのテザリング機能をオンにすれば、モバイルWi-Fi的に使えちゃいますね。

もちろん、Rakutenアンリミットは通信制限がほぼ無制限なので、テザリングでガンガン通信しても、無制限に使えちゃいます。

これ普通にやばくないですか?笑

普通にモバイルWi-Fiを契約したら、それだけで毎月4000円くらいかかるのが、Rakutenアンリミットだけでスマホ&モバイルWi-Fiの代わりになっちゃうってわけです。

ただ、気になるのが5GBの制限を超えた後の速度は遅く無いのか?!ですよね。

っというわけで、5GBを超えた後もテザリングで検証してみました!

Rakutenアンリミット 5GB超過後テザリング検証(1Mbps)

Rakutenアンリミットはパートナーエリアは5GBまで高速通信が可能です。

5GBを超えても通信自体は無制限に出来るんですが、最大通信速度が1Mbpsに落ちてしまうんですね。

また、Rakutenモバイルアプリの”データ高速モード”OFFにすることでも、最大1Mbpsに速度制限し、GBの消費を抑えることも可能。

では一体1Mbpsのテザリングではどの程度の使用に耐えうるのか?!検証してみました。

速度を計測してみると、ちゃんと1Mbps弱まで速度が落ちてますね。テザリングなので流石に1Mbpsよりやや下。

試しにYou Tubeをこの状態で視聴してみると・・・ぐぬぬ。。。

さすがに1080pの高画質設定ではくるくる回って全然再生されません(汗)

設定を色々変えてみると、480pの設定ならギリ視聴出来るか?!ってくらいです。

480pあれば見れなくはないくらいの画質ですね。綺麗ではないけど、画質の美麗さ重視な動画じゃなければ普通に見れるくらい。

Amazonを開いてみると、画像の表示が1~3テンポくらい遅れて表示される感じ↓

こちらも超快適とまでは言えないものの、普通に使えるレベルの表示速度ではありますね。

個人的にはギリストレスにならないくらいの速度という感じ。

Twitterも検証してみると、やはり画像の表示が1テンポくらい遅い。

ただ、こっちはAmazonよりも画像が軽めなのか?やや表示は速く感じました。

とは言っても文字部分は家のWi-Fiとかと、変わらないくらいの速度で表示されるので、ストレスはほぼ無し。

最後が音楽アプリ。私はAmazon MUSIC HDを愛用しているのですが、ストリーミング再生で常に再生し続けられば最強です。笑

で、結論を言うと、ハイレゾ設定(他の音楽アプリの3~10倍くらいのデータ量だと全く再生されません(涙)

AmazonMUSICのHD設定だと、Spotifyなどの最高音質設定よりも、更に高音質な代わりに最大10倍くらいデータ量を消費するので予想はしてましたが・・・

ただ、他のSpotifyなどの有料と同じくらいの音質である”標準設定”に下げれば、一度も途切れること無く再生し続けられました。

無限ハイレゾ再生機の夢は砕け散ったけど、標準音質で無限にストリーミング出来るのは神すぎっ!

今まではGBの消費を気にして、お気に入りの曲を自宅のWi-FiでDLしてから出かけるのがマストでした。

が、そこそこの音質でも良ければストリーミングで垂れ流し再生し続けられます。これはヤヴァイでしょ。笑

と言った感じで1Mbpsだと高速通信より1テンポ遅くはなるものの、使えなくはない!っというのが結論です。

制限ありで最初からこの速度だったらちょっと厳しいですが、無声芸に通信できてこの速度なら普通にアリ。

通信業界に革命が起きている気がする・・・

ここまでのまとめ
・パートナーエリアでは5GB超えると1Mbpsに速度が下がる
・テザリング1Mbps状態でも普通に使える
・You Tubeであれば480pの画質くらいが限度
・Spotifyなどの有料版の最高音質くらいなら、ストリーミング再生し続けられる
・この速度でも使い放題は革命的

Rakutenモバイルテザリングで使う際の3つの注意点とは?

1,テザリング非対応の端末もある

Rakutenモバイルが悪いわけじゃないんですが、テザリングに対応していないスマホ端末もあるみたい。

殆どのスマホは対応しているものの、2013年以前のDOCOMOで購入した端末等はテザリングが使えない端末もあるっぽいですね。

とはいえ、殆どのスマホで使えるので、そこまで強烈なデメリットってわけじゃないかと。

そもそもテザリングに対応していないスマホはRakutenアンリミット自体に、対応していないことが多そう。

もし、あなたがテザリング機として使いたいなら、『自分の端末名+購入したキャリア名+テザリング』で調べておきましょう!

2,Rakutenモバイルエリア以外は、5GBまでの制限がある

これは上記の検証で説明済みですが、Rakutenアンリミットは自社回線エリアである、Rakutenモバイルエリア以外は5GBまでが高速回線が使えるパートナーエリアです。

で、執筆時点だと殆どがパートナーエリアなので、基本的にはパートナーエリアで使うことを考えた方が良さそう。

都市部だったら、高速通信使い放題なので更にテザリングが捗りまくりそうなんですけどねぇ~

【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在のエリアをチェックするにはコチラ!

※濃いピンクになっているところが、Rakutenモバイルエリア

3,Rakutenエリアでも1日の最大通信量は10GBまで

さっきから無制限、無制限と連呼していますが、実はRakutenモバイルエリアでも無限に高速回線が使い続けられるわけではないんです(汗)

1日に10GB使うと、その日はパートナーエリアと同じく1Mbpsの速度制限がかかってしまいます。

※4月辺りに上下3Mbpsまで高速化された模様。ぶっちゃけ、3Mbpsも出てれば普通に使えるような気がするんですが。笑

ただ、逆に言えば1日10GB使えるので31日間であれば1ヶ月310GB使えるとも言えます。笑

10GBなんてどんだけガンガン使っても、使い切れないと思うんですが・・・

テザリングでPCに重いソフトとかDLしたら一発ですが、わざわざテザリングで重いソフト入れようなんて思わないしなぁ。

そして、10GB超えても3Mbpsで通信出来るので、正直そんなにストレスなく普通に使えちゃいます。

【結論】Rakutenアンリミットでテザリングは最強でした。

あんまりコスパ最強!とか言いたくないんですが、明らかにどう考えてもコスパ最強です。笑

むしろ逆に弱点を教えてほしい!っっとネットの片隅で叫びたいレベル。

今はまだパートナーエリアが多いので、やや回線が遅いのがネックではありますが、今後Rakutenエリアが拡大すればモバイルWi-Fi残滅するのでは・・・

ちなみに私はモバイルWi-Fi代わりにテザリングで、仕事用テザリング機としても運用して行く予定。

そんなに重いデータをやりとりすることが無いなら、このくらいの速度でも十分に運用が可能なので、ワクワクします。笑

そして何より1年無料&解約料すら不要という、悪魔的にお得なキャンペーンも実施中です↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!

正直言って、契約しない理由を探す方が難しいレベル(汗)

っというわけで、もしあなたがRakutenアンリミットをテザリング運用検討しているなら参考にして頂ければ幸いです!

速度は遅い?私がRakuten UN-LIMITのパートナーエリアで実測した3つの結果を公表します!

楽天アンリミットは繋がりにくい?自腹検証した結果と3つの注意点とは?

格安SIMの契約を迷っているあなたへ・・・
まずは公式でキャンペーン情報をチェック↓
【300万人限定で1年無料】Rakuten UN-LIMITの現在の料金&詳細はコチラ!
実際に私が契約して分かった長所&短所はコチラ↓
Rakutenモバイルが繋がりにくいのは本当なのか?ガチ検証してみた
どっちがお得?UQ モバイルと楽天アンリミットの7つの特徴&短所を比較してみた!
Rakutenモバイルの制限が掛かった状態での通信テスト↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事